外貨貯金 手数料

外貨貯金の手数料

外貨貯金では、どうしても為替手数料
というものが必要になります。

 

日本国内の普通の貯金には当然そのようなものはありませんよね。
でも、外貨での貯金には絶対に払わないといけないと決まっています。

 

円から外国通貨、その逆の場合にも手数料がかかります。

 

外貨貯金をする場合、購入時レート(TTS)に
手数料が加算される仕組みとなっており

 

逆に円に交換するには、円転時レート(TTB)という形で、
手数料分が差し引かれた金額を受け取るということになります。

 

外貨貯金の手数料は1通貨単位で発生し、
約0.1〜1円ほどが一般的のようです。

 

手数料が高いと、金利が高い貯金であっても
儲けが減るということになります。

 

外貨貯金を始める時には、
扱っている銀行などを十分に比較してから
手数料が安いところを探すのも大事です。

 

外貨貯金を行う顧客獲得のために
銀行では外貨貯金の手数料を低くする
キャンペーンや相談会を定期的に行い、

 

サポート体制を強化するサービスを展開することもありますから、
そのような機会を狙って始めるのもお勧めできます。

 

また、外貨貯金は高金利が人気の理由になっていますが、
金利分が手数料よりも多くなっていないと
高金利というメリットがなくなってしまいますので注意が必要です。

 

そのためには手数料の低い銀行を選んで、
円高の時期から運用を始め、円安になったら解約すれば良いのです。

 

ただ、そう簡単にはいかないのが外貨貯金の特色でもあります。

 

外貨に関する情報収集をして、
利益がしっかりでる運用が出来るような努力をしていかなければなりません。