外貨貯金 金利

外貨貯金の金利

外貨貯金を始める大きな理由として、高金利があります。
ほとんどの方がこれを理由に始められます。

 

日本の銀行では、何年も低金利の状態が継続しており、
0.15〜0.5%の間で金利が推移しております。

 

2009年になってからは、さらに引き下げられ、
とうとう0.1%という超低金利な時代となってしまいました。

 

そういった状況もあってか、外貨貯金に人気が集まっているのです。

 

高い金利で有名なニュージーランドドル。

 

6%前後の金利で、ここ数年金利が変化しており、
一時は8%台にもなりました。

 

2009年に入って下降傾向にはあるものの、
それでも3%台の金利は、日本から見れば非常に魅力的な金利です。

 

高い金利ならオーストラリアドルも有名です。
ニュージーランドまでは高い金利を記録したことはありませんが
現状3%台をキープしていて、外貨貯金を今行うなら有効的だと言われています。

 

外貨貯金で安定という意味で、絶大な人気を誇るのが米ドルです。

 

好景気に沸いた2006〜2007年を経て、世界大手の証券会社であった
リーマン・ブラザーズの破綻が世界金融危機の深刻化を招き、
以後の2009年の金利は0.25%まで落ち込んでしまっています。

 

しかしながら、世界中で最も多く流通されている通貨だけに、
外貨貯金をするなら、ドルを選ぶ方という人が後を絶ちません。

 

ユーロも人気です。

 

米ドル同様に以前はは4%の金利でしたが、
ここ最近は1〜2%で推移しているようです。

 

金利の推移をグラフ化したものは、
外貨貯金情報などが掲載されているサイトや
経済紙で確認をすることができます。

 

世界の金利の推移が見えますので、
一度読んでみても、面白いと思いますよ。