外貨貯金 種類

外貨貯金の種類

外貨貯金と言っても、種類が複数ありますので、
自分に合ったものを選択するようにしてくださいね。

 

外貨貯金では普通貯金と定期貯金が多く行われています。
ちなみに、積み立て貯金もあります。

 

普通貯金は自分のタイミングで、自由に出し入れできるという部分では
為替相場によっては上手く差益を得ることができるでしょう。
頻繁にチェックしながら運用したという方にお勧めできます。

 

普通貯金での外貨貯金のデメリットはは、あまり金利が高くないということ。
タイミングを誤れば為替差損が出る可能性があるということです。

 

定期貯金は長期的に資産運用に取り組みたい人に適していると言えます。
長期的に預ける。または金利の高い商品を探すことができます。

 

将来の貯蓄を外貨でやっていきたい。
長い期間でじっくり資産を増やしたい方が選択するようです。

 

しかし、高い金利の反面、出し入れが出来ません。

 

為替差益はなく、満期を迎える前には為替相場の変動で
円高の時と満期の時が合った場合、元本割れする場合も。

 

外貨貯金での積み立ては、毎月予め決めた金額を積み立てるので、
為替相場に左右されることなく貯金するので、
タイミングを見計らうが難しいと思われる人にはピッタリではないでしょうか。

 

円での口座から、自動的に、定期的に貯金することができる、
自動積立型外貨貯金という、非常に便利な種類も存在します。

 

外貨貯金をさらに有利に行うには、外貨は一つだけにとどめず、
例えばユーロでの外貨貯金を行っているならドルやオーストラリアドルでの
外貨貯金も同時にしておくことで、資産分散になり有効的だとも言われております。

 

外貨貯金はあくまでも、自分の目的に合わせて選ぶことが大事ですね。