外貨貯金 口座

外貨貯金のために口座を開く

外貨貯金を始めるには必ず口座を開かなくてはなりませんので、
銀行に行って口座を開くことになります。

 

大手の銀行はもちろん、地方銀行でも口座を開設することができます。
口座を開くために必要な書類を持って銀行窓口で手続を行います。

 

必要な書類は、現住所が確認できる身分証明書。
免許証や保険証ですね。

 

それに加えて印鑑と、口座に入金するための
現金を用意する必要があります。

 

口座を開く銀行は既に普通預金などの口座を
開設している銀行だと、身分照会が早く済むので、
手続きが短時間で終われます。

 

ただ、外貨貯金をするなら、日本のみではなく世界にも支店を持つ大きな銀行や、
外貨の扱いに実績がある銀行、または外資系の銀行も良いです。

 

外貨貯金に力を入れている銀行を選ぶと安心できます。
なお、外貨貯金では、未成年では口座を開設できない
という場合がありますので注意してください。

 

外貨貯金は金利が高いですが、リスクが高い貯金でもあり、
為替の相場によっては元本割れも考えれます。

 

未成年で行うには責任を持つことが難しいということもあり
認められないと判断する銀行もあるようです。

 

また、預金名義本人以外での取引はできません。

 

外貨貯金は銀行によって受けれるサービスが違いますので、
各銀行の資料を収集したり、インターネットで調べたりして
サービス内容を良く見ておきましょう。

 

初めて外貨貯金をされるということであれば、
外貨や預金の賢い運用方法を教えてくれる
窓口があるところや、外貨貯金のキャンペーンを
良く行う銀行を選んだ方が良いでしょう。