外貨貯金 デメリット

外貨貯金のデメリット

外貨貯金はとても人気のある貯蓄法ですが
いくつかのデメリットも見られます。

 

今、日本の銀行が1%にも満たないというあまりに低金利なため
外貨貯金の高金利はとても魅力的に感じるようです。

 

しかし、日本国内の貯金ではないので、
行うには注意が必要ではないでしょうか。

 

デメリットの一として、為替手数料がかかるということです。

 

外貨貯金する場合、例えば米ドルで貯金しよとすると、
円からドルに両替しなければなりません。

 

この時に為替手数料が請求されます。

 

満期を迎えたら、ドルを円に替える時にも、手数料を支払わなければなりませんし
金利が高いとはいっても、手数料で金利分の利益が無くなってしまうかもしれません。

 

外貨貯金は途中で解約が出来ないというのもデメリットです。
基本的に外貨貯金の途中の解約は認められません。

 

無理矢理解約をした場合は解約手数料が発生します。

 

また、外貨貯金は円高・円安の動きを把握することも大事ですが
円高になると貯金の価値が下がってしまい、それだけ損をすることになります。

 

損をしても解約できない。それが外貨貯金です。

 

その点をきちんと理解して、相場が変動しても冷静に
対処できるかどうかも見極めなければなりません。

 

それから、外貨貯金は預金保険制度の
対象外だいうこともデメリットでしょう。

 

日本では、もし銀行が破綻してしまった場合、
1000万円までは保護されることになっています。

 

しかし外貨での貯金は、その対象からは外れています。

 

世界的にも金融業の倒産が続く現状で、
資産をなくしてしまうという可能性があることを忘れないようにしましょう。